悪質な外壁塗装業者を見極める方法を徹底解説!

外壁工事の具体的な流れ

一軒家

施工前から工事完了まで

横浜で外壁塗装工事を行なう場合、具体的などの様な流れで、作業が行われるのでしょうか。外壁塗装は室外工事となりますので、横浜で施工を行なうのなら、まず着工前に近隣への挨拶を行なうのが一般的です。工事によって影響を受ける近隣の住民に、業者が挨拶回りを行い、工事の日程などをお知らせします。施工がスタートすると、初日には仮設足場工事と、飛散防止シートの設置が行われ、家の周りがぐるりと囲われた形になります。これによって、工事の安全性を高め、塗料の飛散による影響を、最低限に抑えることができるのです。これらの準備が終わると、次に業務用の高圧洗浄機によって、外壁の洗浄が行われます。乾燥後、下地調整といって、塗装がスムーズに行えるよう、ひび割れのパテ埋めなど、様々な下準備が必要です。さらに、ドアや窓などをマスキングテープやシートで保護した後、実際の外壁塗装がスタートします。外壁塗装には、下塗り、中塗り、上塗りといった工程があり、完了まで大体3日ほどかかるのが一般的です。これらの作業が終わった後、屋根塗装が行われ、最後には保護していたマスキングテープなどを除去します。この後、設置した足場の解体、清掃作業などがあり、再び近隣への挨拶が行われて、すべての工程が完了です。横浜の外壁塗装工事では、実際の施工だけでなく、環境への配慮や、近隣住民への気使いなども、重要となります。横浜には外壁塗装の業者が多くありますから、しっかりと比較をして、丁寧な作業と近隣への気配りを行っている、信頼性の高い業者を選びましょう。